まさか!そのトレーニングは間違っている!?

実は間違い?!正しい筋肉作りとダイエットの関係は?

筋肉をつけたい!脂肪を減らしてスリムな体型を手に入れたい!などトレーニングを行う理由は人それぞれですが、食生活にあまり注意せず、ただ闇雲にトレーニングをしても効果はなかなか得られない場合があります。筋肉作りの正しい知識で効率的なトレーニングを行うことが大切です。
毎日トレーニングをする事が筋肉作りに最も効果的かというとそうではありません。まず筋肉作りの観点で考える際に、筋肉の主要成分であるタンパク質の摂取は重要となります。そして体がタンパク質を最も吸収するタイミングで栄養補給することが重要です。
さらにはダイエットを行うに際しては内臓脂肪や皮下脂肪を減らすため、脂肪を燃焼させる必要があります。その際に低脂肪の食品を摂取することを心がけることが大切です。
筋肉量を増やすとカロリーを燃焼しやすい体にすることができるため太りにくい体になります。それはダイエットにも繋がるため効果的です。
まずは低脂肪高タンパクの食事を心がけることが大切となります。
そして筋肉はトレーニングのあとに修復作業のためタンパク質を必要とします。そのため摂取のタイミングとしてはトレーニング後1時間以内に摂取するのがベストです。

筋肉作りとダイエットに効果的なトレーニングとは?

脂肪が燃焼されるには時間がかかります。そのため筋肉作りとダイエットの際に効率的なのはまず筋力トレーニングを20~30分ほど行い、脂肪が燃焼しやすい状態にします。それから有酸素運動を行うことで脂肪を効率的に燃焼させることができます。トレーニングが終わったならタンパク質の摂取です。ですが運動後、すぐに焼き魚を食べたり、油の少ない肉を食べるような環境を毎回作り出すのはなかなか難しい場合があります。そのため手軽にタンパク質を摂取する手段としてプロテインが効果的です。
筋肉には休息が重要です。とりわけ筋肉痛を経験した場合はタンパク質を摂取し十分な休息を取る事で、筋肉が超回復を行い筋肉量が増えて行きます。そのためトレーニングを行ったら2日は休息を取るようにします。1週間でトレーニングをする日数は2、3日で十分です。
低脂肪高タンパクの食事をする事で脂肪を減らし、トレーニング後はなるべくプロテインなどでタンパク質の摂取を行い、十分な休息をする事で効率的な筋肉量のアップとダイエット効果が望めます。
正しい知識に基づいてトレーニングを行い、適正な栄養及び水分補給が大切です。