意味がない!?そのトレーニングは逆効果!

効率の良いトレーニング方法って?

体を鍛えるためや、健康体にするために筋肉をつけたい・脂肪を落としたいという願望はありませんか?もちろんダイエットのために鍛えるという人もいますよね。そのためにはトレーニングが必須となってきますが、効率の良いトレーニング方法って知っていますか?効率の悪い方法で行い続けてしまうと、体の筋を痛めてしまうこともありますし、結果も出にくく悔しい思いをしてしまいます。ダイエット目的ならリバウンドしてしむう可能性もあがるかもしれません。
トレーニングするためにプロテインを飲む方もいます。もちろん効率は良くなるのですが、それ以前に普段の食生活も少し変えて筋肉をつけやすくしましょう。筋肉をつけやすくするには、卵の白身や鶏肉のささみ部分のようなタンパク質を積極的に摂取しましょう。トレーニングに伴ってストレッチもするでしょう。体を柔らかくしなやかにするためにはお酢を飲むこともお勧めします。

超回復ってなんのこと?

トレーニングは毎日たくさんやり過ぎてしまっても効果が出るというものではありません。効率の良いトレーニングの大きなポイントは、筋肉をしっかりと休めることです。筋肉に負荷を与えて一度ズタズタに壊すことによって、体が壊れたところを修復する際に余計に大きくしてしまうというのがトレーニングの仕組みです。目的がダイエットなのか筋肉をたくさんつけたいのかによってトレーニング方法も変わってきますが、自分の限界くらいの大きな負荷をかけて10回を1セットにトレーニングをするのが良いでしょう。
筋肉痛になってから48時間ほどで筋肉は修復されます。これを超回復と言います。なので1日トレーニングをしたら2日休む、というようなサイクルで行うことが理想的です。