怪我を防ぐ!トレーニング前後の体の準備!

トレーニング前の準備。怪我を防ぐには栄養、睡眠などが重要

栄養面でトレーニング前は炭水化物を中心としたエネルギー源をしっかり補給します。その他にも、筋肉の痙攣やつりを防いでくれるアミノ酸やミネラル類も積極的に摂るようにします。脂質は胃に残りやすく、トレーニングの妨げになるので出来るだけ控えておきます。
体は睡眠不足がないようにしっかり睡眠をとっておくようにします。睡眠不足はトレーニングの集中力欠いて怪我を起こりやすくなるので注意が必要です。また、睡眠不足は体が重たく感じやすいので、満足なトレーニングを行う為にも、しっかりと体を休ませておきます。
さらに、トレーニング前には動かす部分を中心に十分な準備運動を行います。準備運動なしで、いきなり体を動かすと怪我に繋がりやすいです。

トレーニング後の準備は栄養、睡眠の他に体に休息を

トレーニング後にはしっかりとタンパク質を摂るようにします。タンパク質はトレーニングによって酷使された筋肉を再生させるアミノ酸から構成される成分です。肉や魚に多く含まれていますが、手軽に摂りやすいのはプロテインです。また、トレーニングよって消費された炭水化物も補給するように努めると体の回復具合が早くなります。
睡眠については、トレーニング後はしっかりと取るようにします。筋肉は使う事と休ませる事で強くかつ大きくなっていきますので、十分な睡眠が必要になるのです。
また、トレーニング後の整理運動も十分に怠らないようにします。他にも温泉やマッサージなどで硬くなった筋肉をほぐしてあげると、体の回復も早くなります。